🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘🐘

Z-PEDIA

最終更新:2019年5月18日

ゾウさんが住んでいる動物園

このページの最終更新:2019年2月21日
C2
東京都日野市
多摩動物公園
たまどうぶつこうえん

●切換→ 📷1 📷2 📷3 📷4 📷5 📷6
 


動物園基本情報

休園日や入場料金などは、公式サイトにてご確認ください。
公式SNS等

Facebook

Instagram

YouTube
最寄り駅・出口
多摩モノレール・京王動物園線「多摩動物公園」駅
最寄り駅⇒動物園
両線とも、駅すぐ。
地図(Googleマップ)
動物園ではなく、ゾウさんの家を中心とした地図が表示されます。(ゾウさんの家が複数ある園の場合は、動物園の中心です)
地図左下の四角を押すと、航空写真に切り替わります。
定期イベント情報
アフリカ:○スポットガイド(毎日13時頃)
現アジア:×
備考
多摩動物公園では、アフリカゾウとアジアゾウが生活しています。
以下、それぞれ分けて表示します。
なお、現在新アジアゾウ舎建設中(2020年完成予定、上写真6参照)です。以下は、現在のアジアゾウ舎の様子です。

ゾウさんの家情報

多摩動物公園は、現在新アジアゾウ舎建設中です。この項目では、現在のアジアゾウ舎とアフリカゾウ舎の様子を表示します。
動物園入口⇒ゾウさんの家
アフリカ:▲行きにくい。始めに急勾配な上り坂があり、さらに現在園内工事中のため迂回が必要なため、徒歩10分〜15分ほどかかる。
現アジア:▲行きにくい。行きは終止上り坂で、後半急勾配。徒歩7〜10分程度。
ゾウさんの家がある場所
アフリカ:アフリカ園
現アジア:アジア園
お庭の広さ
アフリカ:◎広い
現アジア:▲狭い
モート(堀)の有無
アフリカ:有
現アジア:有
通路とゾウさんの間
アフリカ:手すり+植え込み+モート+金属柵&ロープ。植え込みが高く、秋はススキがかなり高く育つので、お子さんには見にくいかもしれません。
現アジア:手すり+植え込み+モート。ゾウさんがいる場所は高台になっているので、お子さんでも見やすいです。
物理的な騒音環境
(2019年2月14日時点)×アフリカ・現アジア共、近くで工事がおこなわれているため、騒音が多い。
特に現アジアは、指揮をとっていると思しき工事担当者の声(というよりも話の内容)が耳につき、かなり不快。部下に対するパワハラ的発言が多く、現場から距離があるにもかかわらずハッキリ聞き取れるほど大声でした。現場が動物園であることを意識してほしいと思うほどのひどさです。
エリア数
アフリカ:2
現アジア:1
エリア別特徴
アフリカ:向かって左エリアにアコさん、右エリアにチーキさんと砥夢くん。
現アジア:2階建てで、2階に寝室あり。
その他
※新アジアゾウ舎は、入口から近くなり、広大なお家に変わります。

お部屋(寝室)の情報

多摩動物公園では、通常お部屋は非公開ですが、サポーターズデイ(サポーター限定のイベント)の際に拝見したアフリカゾウ舎と新アジアゾウ舎の様子を表示します。
公開・非公開
非公開(以下、サポーターズデイの訪問イベントの際に見た限りの情報です。アフリカは2017年3月、新アジアは2018年3月時点)
場所(お庭を正面に見て)
アフリカ:奥の建物(ゲートの先)
新アジア:シフゾウ広場から数メートルのところ
部屋数
アフリカ:1頭ごとに1部屋
新アジア:観覧スペース(上)から見たときに、左右2エリア。左が広い。
部屋の大きさ
アフリカ:△やや狭い
新アジア:◎かなり広い
地面
アフリカ:△砂山を除いて舗装
新アジア:◎全面砂敷き(厚さ2mほど)
PC壁
アフリカ:〇
新アジア:〇
設備
アフリカ:体重計部屋あり。砥夢くんの部屋には、砂山と高いところに草を入れる篭がある。(砂山に横たわって寝ることもある模様)
新アジア:◎高いところに篭/砂洗浄用スプリンクラー(アヌーラさんはシャワーにも使っている模様)

お庭の情報(1)水関係

このページでの「プール」と「水場」は、以下のように区別しています。
【プール】地上部分からスロープや階段があり、ゾウさんが安全に入れて、体をある程度沈められる深さのあるもの。
【水場】掘りごたつのようにスロープや階段はなく、飲み水や水浴びをするための水桶。(泳ぐためのものではない)
プール(ゾウさんが入れる)
アフリカ:○(左エリア・広い)
現アジア:○(広くはない・半分くらい階段)
水場(プールを除く・飲み水等)
アフリカ:○(右エリア・滝落下地点の池)
現アジア:×
シャワー(水浴びができる)
アフリカ:×
現アジア:×
ミスト(空間散布用)
アフリカ:×
現アジア:○
アフリカ:○(右エリア)
現アジア:×

お庭の情報(2)地面・日射関係

土or砂敷き具合
アフリカ(左):△半分程度
アフリカ(右):○7割ほど
現アジア:▲右側の砂場部分のみ
舗装箇所
アフリカ(左):プール周辺と通路部
アフリカ(右):通路部分(幅2mほど)
現アジア:大半が舗装
舗装部の冷却・暖房用装置
×無
日除け
アフリカ(左):○有、ただし冬季は収納
アフリカ(右):×無
日中の寝室入口開閉状況(メンテナンスでの開閉を除く/ゾウさんが自由に出入りできるか)
アフリカ・現アジア:×閉まっている(お帰り時間が近くなるとゲート前にいるゾウさんたちが多い)
備考
※新アジアゾウ舎は、全面砂敷きです。

お庭の情報(3)遊具などの情報

枝・丸太
アフリカ:○(両エリア)
現アジア:◎(大きい丸太2本)
タイヤ
アフリカ:×
現アジア:×
砂山
アフリカ:◎(両エリア)
現アジア:△1階、向かって右側に砂場
その他設備・遊具
アフリカ:金属の柱(両エリア・蹴って遊ぶ)
現アジア:新アジアゾウ舎への引越し時に使用する輸送箱

現在住んでいるゾウさん紹介

【種】3種(アフリカ・マルミミ・アジア)で分けています。
【亜種】アフリカゾウは1亜種(サバンナ)、アジアゾウは4亜種(インド・セイロン・スマトラ・ボルネオ)で分け、マルミミゾウは現時点で亜種が確認されていないため種名と同じ「マルミミゾウ」と表示します。
※「スリランカゾウ」は「セイロンゾウ」と同じ(セイロンはスリランカの旧名)ですので、ここでは「セイロンゾウ」と表示します。
※「マレーゾウ」や「タイゾウ」など、アジアゾウのその他の亜種は基本的にインドゾウにまとめられていますので、ここでは「インドゾウ」と表示します。
C2
多摩動物公園在住
アコさん
●切換→ 📷1
 
性別
女性
誕生日
推定1965年
年齢
推定54歳
(2019年5月22日時点)
来園日
1967年7月21日
アフリカゾウ
亜種
サバンナゾウ
外見の特徴と見分けのポイント
牙が長く(特に右側)、スリム。基本的にプールがあるエリアにいる。
備考等
日本在住のアフリカゾウで最年長
C2
多摩動物公園在住
チーキさん
●切換→ 📷1
 
性別
女性
誕生日
推定1976年
年齢
推定43歳
(2019年5月22日時点)
来園日
1999年6月
アフリカゾウ
亜種
サバンナゾウ
外見の特徴と見分けのポイント
ぽてっとしたフォルムで、足が短く見える。両牙の長さが同じくらい。基本的に砥夢くんと一緒のエリアにいる。
備考等
※富士サファリから多摩へ
C2
多摩動物公園在住
砥夢くん
●切換→ 📷1
 
性別
男性
誕生日
2009年3月17日
(うお座、G1とべで誕生)
年齢
10歳
(2019年5月22日時点)
来園日
2012年11月27日
アフリカゾウ
亜種
サバンナゾウ
外見の特徴と見分けのポイント
足が長い。牙は両方とも折れてしまったため現在治療中。チーキさんより体が少し大きい。
名前の由来
とべ(“砥”部)の“夢”。読みは「トム」くん。
備考等
母・姉・妹は、[G1]とべで生活。とべ在住時代の砥夢くんは、ストリートビューにてご覧いただけます。
C2
多摩動物公園在住
アヌーラさん
●切換→ 📷1
 
性別
男性
誕生日
推定1953年11月
(国内最年長)
年齢
推定65歳
(2019年5月22日時点)
来園日
1958年4月28日
(多摩)※備考
アジアゾウ
亜種
セイロンゾウ
外見の特徴と見分けのポイント
体が大きく、動きはゆっくり。耳がしっかり手前にカール。
名前の由来
来日当時のスリランカ大統領のご子息
備考等
★一足先に新アジアゾウ舎(現在非公開エリア)に引っ越したため、現在は見られません。
※多摩の前は、[C1]上野に。
※小学2年生道徳の教科書に掲載されている「がんばれアヌーラ」の主人公(現在は「ともだちをたすけたゾウたち」という題の絵本として出版)
C2
多摩動物公園在住
アマラさん
●切換→ 📷1 📷2
 
性別
女性
誕生日
2004年10月29日
(さそり座)
年齢
14歳
(2019年5月22日時点)
来園日
2012年3月12日
(14日公開)
アジアゾウ
亜種
セイロンゾウ
外見の特徴と見分けのポイント
頭部が丸く、耳の上が手前にちょこんとカール。
名前の由来
シンハラ語で「永遠に、永遠の」
【管理人補足】අමර(転写:amara)
備考等
シンハラ語で「不死」を意味するඅමරණීයභාවය(転写:amaraṇīyabhāvaya)の頭3文字
C2
多摩動物公園在住
ヴィドゥラくん
●切換→ 📷1 📷2
 
性別
男性
誕生日
2007年8月25日
(おとめ座)
年齢
11歳
(2019年5月22日時点)
来園日
2012年3月12日
(14日公開)
アジアゾウ
亜種
セイロンゾウ
外見の特徴と見分けのポイント
耳がカールせず、ピンと張っている。少し釣り目。
名前の由来
シンハラ語で「賢い」(※詳細調査中)

過去に住んでいたゾウさん

調査中のため、全員掲載できておりません。
【種】3種(アフリカ・マルミミ・アジア)で分けています。
【亜種】アフリカゾウは1亜種(サバンナ)、アジアゾウは4亜種(インド・セイロン・スマトラ・ボルネオ)で分け、マルミミゾウは現時点で亜種が確認されていないため種名と同じ「マルミミゾウ」と表示します。
※「スリランカゾウ」は「セイロンゾウ」と同じ(セイロンはスリランカの旧名)ですので、ここでは「セイロンゾウ」と表示します。
※「マレーゾウ」や「タイゾウ」など、アジアゾウのその他の亜種は基本的にインドゾウにまとめられていますので、ここでは「インドゾウ」と表示します。
高子さん 女性
アジアゾウ
誕生日
推定1948年
来園日
1954年
備考
1950年来日後、日本橋高島屋の屋上で生活→1954年にC1上野→1958年[C2]多摩へ移動後、1990年3月13日モート転落により他界。
アヌーラさんの備考欄記載の「がんばれアヌーラ」にも登場
ガチャコさん 女性
アジアゾウ
来園日
1959年
備考
1993年他界。
アヌーラさんの備考欄記載の「がんばれアヌーラ」にも登場
マコさん 女性
アフリカゾウ
誕生日
推定1965年
来園日
1967年7月21日
備考
2011年7月29日、呼吸不全で他界。
タマオさん 男性
アフリカゾウ
誕生日
推定1968年
来園日
1971年8月9日
名前の由来
公募
備考
2006年8月8日14時25分他界。
[SD]富士サファリの♂パオくん(2007年他界)、[B2]盛岡の♀マオさんの父。
アイさん 女性
アフリカゾウ
誕生日
推定1982年
来園日
1996年2月
備考
[SE]姫路セントラル→1996年2月に多摩へ→2009年3月に[SC]群馬サファリへ→現在は、[F2]安佐在住。
[SD]富士サファリの♂パオくん(2007年他界)、[B2]盛岡の♀マオさんの母。
パオくん 男性
アフリカゾウ
誕生日
1998年4月25日
来園日
多摩動物公園で誕生
備考
上記の♂タマオさんと♀アイさんの第一子・長男として、多摩で誕生。
2001年10月[SD]富士サファリに移動後、2007年7月11日他界。
マオさん 女性
アフリカゾウ
誕生日
2002年6月13日
来園日
多摩動物公園で誕生
備考
上記の♂タマオさんと♀アイさんの第二子・長女として、多摩で誕生。
2006年6月に、[B2]盛岡に移動。(BL)

ゾウさんインスタ投稿写真

左上が一番新しく、Z字状に右下へ向かうほど前に投稿した写真です。(古い写真は、旧ロゴや旧サイト名(大象楼)が表示されます)
インスタグラム投稿後、このページに反映されるまで時間がかかる場合があります。
ゾウさんインスタはこちらです。

管理人訪問履歴

  • (直近)2019年2月14日
  • 2018年10月20日(月間動物・ぱくぱくタイム実施日)
  • 2018年9月18日(敬老の日イベント最終日)
  • 2018年8月19日(月間動物・スイカイベント「冷やしスイカはじめました」)
  • 2018年5月20日
  • 2018年3月17日
  • 2018年3月11日(サポーターズデイ)
  • 2018年3月2日
  • 2018年2月23日
  • 2017年5月29日
  • 2017年4月25日
  • 2017年4月16日
  • 2017年4月6日
  • 2017年3月18日
  • 2017年3月17日
  • 2017年3月4日(サポーターズデイ)
  • 2017年1月13日(初)


北海道 東北 関東 中部 近畿 中国 四国 九州 沖縄 サファリパーク